快適な空気環境のめやす

室内の快適条件(風速0.08~0.13m/s)

人の温冷熱感は年齢、性別、季節によって異なりますが、保健空調における温湿度のめやすは、およそ次の値で扱われます。

  日本人 アメリカ人
夏期 ET 21±2℃ 21.5±2.4℃
RH 40~60% 30~70%
冬期 ET 18±2℃ 19.5±2.2℃
RH 45~65% 30~70%

ET:有効温度(Effective Temperature)
RH:相対湿度(Relative Humidity)

空気環境にかかわる維持管理基準

ビルの衛生環境を向上させ、環境衛生上良好な状態を維持・管理することを目的とした「建築物における衛生的環境の確保に関する法律施行規則」(略称:建築物衛生法)では、室内空気環境の調整の基準について、以下のように定めています。

浮遊粉じんの量 空気1m³につき0.15mg以下
一酸化炭素の含有率 0.001%以下
炭酸ガスの含有率 0.1%以下
温度 (1)17℃以上28℃以下
(2)居室の温度を外気の温度より低くする場合は、その差を著しくしないこと
相対湿度 40%以上70%以下
気流 0.5m/s以下
ホルムアルデヒドの量 空気1m³につき0.1mg以下

産業別、対象別の空調温湿度条件

産業空調においては、概して年間を通じて一定の温湿度を必要とすることが多く、下表はその目安です。

※ 参考文献により、温湿度の値は若干の相違があります。

産業分野 対象・工程・品名など 温度(℃) 湿度(%) 加湿の目的
青果物貯蔵 低温貯蔵庫
(恒温恒湿庫)
キャベツ
ダイコン
ニンジン
ホウレンソウ
レタス
イチゴ
0 90~95 貯蔵品の表皮からの物理的な水分蒸散を抑え、鮮度を保持する。なお、呼吸作用による水分蒸散を抑えるには低温を保つ。
(野菜にはおよそ90%前後の水分が含まれており、その内の5%が失われると、商品価値がなくなるといわれている)
カボチャ 10~13 70~75
サツマイモ 13~16 85~90
ピーマン 7~10 90~95
リンゴ 0 90~95
モモ -0.5~0 90
温州ミカン 5 85~90
オレンジ 0~9 85~90
バナナ 16 85~90
穀類貯蔵 米(玄米) 15以下 68~75 水分含有率を保つことによる食味の維持、目減り防止、割れの防止
(米の水分含有率はおよそ13~15%である)


乳製品
一般食品
豚肉・牛肉(冷蔵) -1~1 85~90 貯蔵品の表面からの水分蒸発を抑え、鮮度を保持し、目減りを防ぐ
(食肉にはおよそ75%前後の水分が含まれており、肉の表面が乾くと肉色が悪くなったり変質の原因になる)
鮮魚 0.5~1.5 90
チーズ -0.5~7 65~70
ハム 0~1 85~90
きのこ栽培 ブナシメジ 培養
熟成
芽出
生育
20~23
24~25
15~16
14~15
67~70
70~75
90~95
85~90
栽培過程に適した湿度環境をつくる
(ビンやキノコの表面に水滴がつかないように、加湿の水粒子は細かいほどよい)
切り花貯蔵 低温貯蔵 - 0 95以上 気孔、花弁からの水分蒸散を抑える
博物館
美術館
図書館
博物館 21.1~22.2 50~55 収蔵品が変質・変形しないように、保存環境をつくる
(収蔵品の材質などにより保存環境は異なる)
美術品の収蔵 18.5~22.2 50(±2)
図書館 21.1~23.3 40~50
印刷工場 多色オフセット印刷、
グラビア印刷
24~27±3 46~48±2 紙の吸放湿による伸縮を抑える、静電気を防止する
(紙の水分含有率は5~7%前後である)
写真製版 - 50
電子製版 20~23±1.5 55±5
食品工場 パン工場 小麦粉貯蔵 18~27 50~65 品質の保持、適度な発酵条件をつくる
包装は静電気の防止
発酵 24~27 70~75
包装 16~18 60~65
ビール工場 ホップ貯蔵 -1~0 55~62 品質の保持
繊維工場 木綿製織 26~27 70~85 繊維の吸湿安定による可紡性の維持と
糸切れの防止
静電気の防止
ウール製織 26~29 60~75
ナイロン製織 26~27 50~60
情報施設 データセンターサーバールーム 15~32 20~80 精密機器の機能維持(米 ASHRAEガイドライン)
空冷式CPU室内条件 10~35 20〜80 精密機器の機能維持
※空冷式CPUの室内条件はメーカー例
通信機器室(夏)
     (冬)
27
20
50
50
精密機器の機能維持、在室者の快適性
音声スタジオ(夏)
      (冬)
26
19
55
50
精密機器の機能維持、在室者の快適性

業務用加湿器に関する
お問い合わせ

page
top