• 製品情報
  • メンテナンス&サポート
  • 加湿の知識
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

加湿モジュールの洗浄作業

対象型番
  • 弊社滴下浸透気化式加湿器

  • 各取扱説明書へ記載している一般洗浄についての手順です。

  • この動画は作業量を把握することを目的としたものです。
    作業の際は、必ず各取扱説明書記載の注意事項を確認の上、実施してください。


用意するもの

  • 洗浄する加湿モジュールの大きさや数量を考慮して、用具・作業場所を選定してください。

  •  洗浄する加湿モジュール
  •  水槽(洗浄する加湿モジュールが充分に浸る大きさのもの)
  •  酸素系漂白剤(※塩素系漂白剤は使用しないでください)
  •  バケツ、計量容器など
  •  ゴム手袋
  •  散水ホース


洗浄方法

  • 当動画はてんまい加湿器の加湿モジュールを例に一般洗浄作業の説明をしています。

①洗浄剤の容器に記載の使用方法・注意事項に従って、シミ抜き程度の濃さの洗浄液を作ります。水槽内へ加湿モジュールが十分に浸る量を用意してください。

②加湿モジュールを洗浄液に1時間程度、漬け置きします。

③洗浄液から加湿モジュールを取り出し、散水によるすすぎ、または流水による漬け置きすすぎを行います。
すすぎが不十分な場合、洗浄後の使用時に泡が発生し、送風により水滴飛散の原因になることがあります。必ず泡がでなくなるまで十分にすすいでください。
※ブラシ等でのこすり洗いや水・空気等による高圧洗浄はしないでください。加湿材が破損します。

④すすぎ洗いにより泡がでなくなったことを確認し、通風・天日干しにより完全乾燥させます。
加湿モジュールの乾燥が不十分であると、設置環境によっては運転開始後、臭気発生などの原因になることがあります。