• 製品情報
  • メンテナンス&サポート
  • 加湿の知識
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

気化式加湿器の不具合事例

加湿モジュールの定期的な洗浄(交換)未実施の場合

弊社取扱説明書の記載の作業時期

加湿モジュール洗浄 【作業内容を動画マニュアルで見る】

  • シーズンイン時(汚れの状況により周期を早める)
※ 洗浄作業の頻度は、給水の水質、流通空気の条件によって大きく変動します。 衛生面への配慮から年1回(シーズンイン時)の実施としていますが、汚れ具合いや吸水性低下(濡れムラ等)の状態に応じて適宜洗浄の実施をお願いしております。
加湿モジュールの漬け置き洗浄
加湿モジュールの漬け置き洗浄



作業の目的

加湿モジュールは運転時間の経過に伴い徐々に汚れが付着します。
また、給水中のスケール成分が析出することもあり、機能維持と衛生的にご使用頂いただくため定期的な洗浄・交換が必要となります。



実際の不具合事例

加湿モジュールの適正な洗浄が行われなかった場合、加湿モジュールにスケールが析出します。

エアハンドリングユニットに組み込まれた気化式加湿器。加湿モジュール風下側にスケールが析出。エアハンドリングユニットに組み込まれた気化式加湿器。
加湿モジュール風下側にスケールが析出。

通常の洗浄作業は市販の酸素系漂白剤を用いますが、スケール除去には専用の洗浄剤を使用します。通常の洗浄作業は市販の酸素系漂白剤を用いますが、スケール除去には専用の洗浄剤を使用します。

加湿モジュールの汚れやスケールは、汚れによる臭気の発生や、加湿素材の吸水性低下による水飛びの原因となります。また、加湿素材の変形や劣化が著しい場合は、新しい加湿モジュールとの交換が必要となります。