• 製品情報
  • メンテナンス&サポート
  • 加湿の知識
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

ダクト接続型滴下浸透気化式加湿器2機種を新発売

2018.02.01

個別分散空調対応製品のラインナップを強化

滴下浸透気化式加湿器 「VSBタイプ」をモデルチェンジ(2018年3月受注開始)

滴下浸透気化式加湿器「VIBタイプ」を新発売(2018年5月受注開始)


VSCタイプ

WM-VSC12H

VIBタイプ

WM-VIB4800






1.概要

業務用・産業用加湿器の総合メーカーであるウエットマスター㈱(本社:東京都新宿区、代表取締役:金田明雄、TEL.03-3954-1101)は、オフィスビルなどの空調用として、ダクト接続により加湿を行う滴下浸透気化式加湿器2機種を2018年3月より順次販売開始する。

同社の個別分散空調用加湿器の筆頭である「てんまい加湿器」は、1986年の販売開始以来、単独取付・室内直接加湿の利便性が高く評価され、ロングセラー製品となっている。これまでにいくつものモデルチェンジを重ね、機能強化を図ってきたが、多様化する個別分散空調への新たな加湿の選択肢として、今回ダクト接続型滴下浸透気化式加湿器のラインナップ強化を図る。

2018年3月より発売を開始する滴下浸透気化式加湿器WM-VSCタイプは、空調機2次側にダクト接続し加湿を行うもので、2001年の発売開始以来、累計13,000台以上の販売実績を有するロングセラー「WM-VSBタイプ」をモデルチェンジしたもの。モデルチェンジにより「最大処理風量アップによる性能向上(標準処理風量600~3,600m3/h、標準加湿能力3.2~27.8kg/h)」、「ドレン排水用ポンプの標準搭載による現地施工作業の省力化」、「二連電磁弁の採用による安全性向上」、「バックル型留め金具付点検扉の採用による保守作業性向上」などにより使い勝手の向上を図っている。

2018年5月より新たに発売を開始する滴下浸透気化式加湿器WM-VIBタイプは、本体内にファンを内蔵し、ダクト接続した吸込口・吹出口より室内空気に直接加湿を行うもの。システム天井など室内意匠に配慮が必要なケースにおいても、単独運転加湿器の特長である空調機の運転モード(冷房、暖房、送風)に左右されない確実な湿度確保が行える。標準加湿量は2.4kg/h、4.8kg/hの2種類をラインナップし、間仕切りに応じた自由度の高い選定、フロア単位の広いオフィスでの加湿器設置台数抑制に対応する。




2.受注開始日

【VSCタイプ】2018年3月より受注開始
【VIBタイプ】2018年5月より受注開始



3.特長

【VSCタイプ】

◆性能性の向上
従来品VSBタイプに比べ、加湿モジュール通過風速値が32%向上。これにより最大処理風量も向上。

◆施工性の向上
ドレン排水用ポンプを標準搭載したことで、設計時のドレン排水検討の簡略化や施工作業を軽減。


◆安全性の向上
給水ユニットに二連電磁弁を標準搭載し、安全性が向上。

 

◆メンテナンス性の向上
バックル型留め金具付点検扉の採用により点検扉の開閉が容易となり、加湿モジュールの取り出しが工具レスで対応可能に。



 


【VIBタイプ】

◆ケーシングにファンを内蔵
従来、天井隠蔽ダクト接続にて単独加湿をする場合に必要だったラインファンの別途用意が不要。


◆ドレン排水用ポンプ標準搭載
設計時のドレン排水検討の簡略化や施工作業を軽減。


◆標準加湿能力2.4㎏/h、4.8㎏/hの2型番を用意
部屋の大きさや用途、後に想定されるレイアウト変更等に応じた型番の選定が可能。


◆水道管直接連結認証品(2018年3月認証取得予定)
直結給水方式での加湿器検討の簡略化に貢献。






報道機関からのお問合せ先

ウエットマスター株式会社 経営戦略室・広報担当

TEL.03-3954-1101
FAX.03-3952-4411
E-mail.kouhou_@wetmaster.co.jp



お客様からのお問合せ先

ウエットマスター株式会社 本社営業本部

TEL.03-3954-1101
FAX.03-3952-4411
E-mail.business@wetmaster.co.jp

新着情報