滴下浸透気化式加湿器
VPAタイプ 製品 機能・特長

滴下浸透気化式加湿器VPA

  • 機器組込
  • パッケージエアコン
  • 薄型
  • 低圧損

VPAタイプは、パッケージエアコンの加熱コイル二次側に取り付けて、気流を通過させることにより加湿を行う滴下浸透気化式加湿器です。 薄型の本体は空調機内の狭いスペースにも組み込むことができ、またコイルの傾斜角度に合わせて最大60°までの傾斜取付を可能としており、組込上の制約を大幅に解消しています。本体下部のドレンパンにはあらかじめ排水勾配をもたせ、またスライド式取付ブラケットの採用により施工も容易です。

滴下浸透気化式加湿器 VPAタイプ ラインナップ

VPA30~VPA150

加湿モジュールに給水ヘッダ・ドレンパンを取り付けた本体と、減圧弁・電磁弁などを組み合わせた給水ユニットボックス(KUB2)により構成されています。

メインイメージ1 メインイメージ2 メインイメージ3
  • サムネイル1
  • サムネイル2
  • サムネイル3

滴下浸透気化式加湿器 VPAタイプ 主な機能と特長

  • 蒸発吸収距離が不要で薄型の本体は空調機内の狭いスペースにも組み込めます。

  • コイルの傾斜角度に合わせて最大60°までの傾斜取付が可能です。

  • 圧損は僅少ですから空調機の送風能力にほとんど影響を与えません。

  • 本体下部には排水勾配をもたせたドレンパンが装備されています。

  • 2種類のスライド式取付ブラケットにより取付は簡単、リニューアルにも対応します。

  • 空調機内での水の凝縮や結露の心配がありません。

  • 水処理不要、水分のみの気化蒸発でクリーン加湿です。

事例紹介

業務用加湿器に関する
お問い合わせ

page
top