蒸気加湿ユニット
SDCタイプ 製品 機能・特長

蒸気加湿ユニットSDC

  • ダクト接続
  • 加湿ユニット

ダクト内での蒸気噴霧では、「噴霧管からの凝縮水飛散」、「ダクト内での再凝縮、結露」などにより、漏水事故に繋がる事例もあり、リスク回避のためドレンパンの設置や水抜きなどの配慮が必要とります。 こうした背景のもと、ドレン処理などの煩雑な設計施工の簡略化と責任区分を明確化する製品として、蒸気噴霧管をチャンバに収めた「加湿ユニット」を新たに定型化し、ラインナップいたしました。
予めチャンバボックスに蒸気噴霧管、ドレンパン、エリミネータが組み込まれていますので設計施工を簡略化します。

蒸気加湿ユニット SDCタイプ ラインナップ

ダクト接続用蒸気加湿ユニット SDC-Pシリーズ

SDC-Pシリーズは飽和効率30%程度までの一般的な空調条件で、ダクト途中で蒸気噴霧する場合に適合する蒸気加湿ユニットです。処理風量380 ~ 18,000m³/h に対応する13型番と、供給蒸気種別に応じた2種類を用意しています。
供給蒸気源として、電極式蒸気加湿器、電熱式蒸気加湿器、間接蒸気式加湿器、ボイラ供給蒸気に接続することができます。各シリーズの仕様については以下のとおりです。


【SDC-APタイプ】
当社製蒸気式加湿器からの蒸気が隔壁接手を介して供給される隔壁接手接続仕様です。


【SDC-CPタイプ】
ボイラなどからの蒸気が当社製減圧器を介して供給される減圧機構付蒸気噴霧装置 / ハイスチーマー組込仕様です。

メインイメージ1 メインイメージ2 メインイメージ3 メインイメージ4
  • サムネイル1
  • サムネイル2
  • サムネイル3
  • サムネイル4

蒸気加湿ユニット SDCタイプ 主な機能と特長

  • 飽和効率30%程度までの一般的な空調条件で、ダクト途中で蒸気噴霧する場合に適合する蒸気加湿ユニットです。

  • 処理風量380~18,000m³/hに対応する13型番と、供給蒸気種別に応じた2種類を用意しています。

  • 加湿ユニットとして、あらかじめチャンバ内に蒸気噴霧管、ドレンパン、凝縮水を捕集するエリミネータが組み込まれています。万一の漏水に備えたコーキング処理も施されていますので、設計や現場施工の簡略化が図れます。

  • 凝縮水飛散の懸念があるダクトでの蒸気噴霧において、加湿器メーカー製の加湿ユニットなら責任区分も明確となり、安心してご使用いただけます。

  • 加湿器メーカーによる適切な選定により、蒸気噴霧後の露付による濡れのトラブルにも事前に配慮することができます。

事例紹介

関連製品

業務用加湿器に関する
お問い合わせ

page
top