• 製品情報
  • メンテナンス&サポート
  • 加湿の知識
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

代表的な空調システムと加湿器

平成15年4月1日の建築物衛生法改正以後、加湿器の採用はそれ以前に比べ増加しました。これは建築物衛生法の対象となる特定建築物が増えたこと、保健所の指導が強化されたことが理由として上げられます。

建築物衛生法の対象

  • 延床面積3,000㎡以上→興行場・百貨店・集会場・図書館・博物館・美術館・遊技場・店舗・事務所・専門学校(学校教育法第1条に規定する学校以外)・旅館
  • 延床面積8,000㎡以上→学校教育法第1条に規定する学校(小学校・中学校・高等学校・中等教育学校・大学・高等専門学校等)

近年、このような特定建築物では、どのような空調方式が採用されているのかを紹介します。

小規模テナントビル(床面積3,000~5,000㎡)

小規模テナントビル(床面積3,000~5,000㎡)

中規模テナントビル(床面積10,000㎡)

中規模テナントビル(床面積10,000㎡)


大型ビル(床面積30,000~100,000㎡)

大規模テナントビル(床面積30,000~100,000㎡)